HSRP (Hot Standby Routing Protocol)の設定方法

以下の設定にてR1,R2においてHSRPを有効にすることができます。 R1(config)#interface fa0/0R1(config-if)#standby 1 ip 192.168.1.3 R2(config)#interface fa0/0 R2(config-if)#standby 1 ip 192.168.1.3 HSRPを設定するためにはstandbyコマンドを使用します。192.168.1.3は仮想ゲートウェイ IPアドレスです。”1”は、HSRPのグループ番号で、R1,R2の両方のデバイスで同一である必要があります。 R1# %HSRP-5-STATECHANGE: FastEthernet0/0 Grp 1 state Speak -> Standby %HSRP-5-STATECHANGE: FastEthernet0/0 Grp 1 state Standby -> Active R2# %HSRP-5-STATECHANGE: FastEthernet0/0 Grp 1 state Speak -> Standby どちらのスイッチを最初に設定したかによって、これらのメッセージが表示されます。 スイッチの1つがアクティブゲートウェイになります。 PC-1から、VIP(192.168.1.3)に到達できるかどうかを見てみましょう。 C:>ipconfig イーサネット アダプター イーサネット: IPv4 アドレス . . . . . . […]